トップページ » シルバー人材センター事業について » シルバー人材センターとは?

シルバー人材センターとは?

高齢社会の進展に伴って、人生を有意義に過ごすため、定年退職後も何らかの形で働き続けたいと希望する高齢者が増えています。シルバー人材センターは、このような高齢者が自主的に参加して組織する団体で、「自主・自立、共働・共助」の理念のもとに、自らの知識と経験を活かしつつ、働くことを通じ生きがいを得るとともに、地域社会に貢献することを主たる目的としています。

ワンストップサービスを目指して

我が国は、世界に類をみない速さで高齢化が進展し、超高齢社会を迎える中で、少子化の進展とも併せ、今後の経済活力を維持するためには高齢者の労働参加が不可欠といわれています。また、高齢者の就業ニーズもさらに多様化していくものと考えられるところから、多様な就業機会を提供するシルバー人材センターへ寄せられる期待は益々大きくなっているところです。

そこで、シルバー人材センターでは、地域における働く高齢者の活動拠点として、様々なニーズに対応できる「ワンストップサービスセンター」機能を充実・強化し、「シルバー人材センターに行けば、役立つ情報が得られる」…そんなセンターを目指して取り組んでまいります。