トップページ » シルバー人材センター事業について » シルバー人材センターのシステム

シルバー人材センターのシステム

img-flow-image

■請負又は委任による就業
シルバー人材センター(センター)は、地域社会の日常生活に密着した「臨時的かつ短期的又はその他の軽易な就業(その他の軽易な就業とは特別な知識、技能を必要とする就業をいいます)」を家庭、企業、公共団体などから引き受け、会員の中から適任者を選任し、その仕事を行います。
■発注者とセンターとの関係
センターは発注者から高年齢者にふさわしい仕事を請負契約又は委任契約により引き受け、センターはその契約内容に従って仕事を完成させます。
■発注者と就業する会員との関係
発注者と就業する会員との間に雇用関係はありません。発注者は、就業する会員に対して指揮命令権はありません。
■契約代金の支払い
発注者は仕事の完成後、センターに対して契約に基づく代金を支払います。
■安全対策と保険制度
センターは、受注した仕事の遂行に当たっては、十分な安全対策を講じています。万一、仕事中に会員が傷害を受けたり、発注者等に損害を与えた場合に備えて、民間の損害保険(センター団体傷害保険、総合賠償責任保険)に加入しています。
■雇用による就業
会員が企業の社員などと共同して仕事を行うことが必要な場合は、無料職業紹介事業または、一般労働者派遣事業を利用することができます。